クリーニング共和

よくあるご質問
 【クリーニング相談室】
ドライクリーニングって何?
「水を使わない」洗濯のことで、水の代わりにドライ溶剤を使って洗います。 カシミヤなどのデリケートな素材もを、水洗いによる収縮や型くずれ、色落ちなど負担をかけることなく、洗うことができます。 主に、皮脂や排気ガスのススなど油溶性の汚れを落とします。

「家庭での洗濯」と「クリーニング屋さんの洗濯」ってどう違うの?
家庭用洗濯は、水洗いですね。 水洗いは基本的に、水で洗っても風合いを損ねる心配のない綿やアクリルなど普段着に向いています。 それ以外のデリケートな素材や、スーツ、コート、また大切なお洋服は、クリーニング店のドライクリーニングが安心です。風合いそのままに、汚れを落とします。 また、綿でもワイシャツなどは、ご家庭での手間や時間のかかり具合を考えると、クリーニング店を利用なさったほうがリーズナブルな場合も。 専門の機械や職人の手による、パリッとした仕上りがお楽しみいただけます。

クリーニングから戻ってきた洋服は ビニールカバーをつけたまま保管してもいいの?
ビニールカバーは、お洋服にホコリをつけないためのものです。 そのまま保管しますと、カバーの中に湿気がこもり、カビの原因になってしまいます。 保管前には、カバーから出して窓辺に一度干し、通気性をよくすることをお勧めします。 また、共和には、通気性にすぐれ、そのまま保管ができる「不織布」カバーで包装するサービス(オーダーデラックス・ダックスコース)もございます。 どうぞお気軽にご用命ください。

シミがついてしまった! 家庭ではどう対処したらいい?
水を含ませたタオルやティッシュなどで抑えるようにして、水分や油分を吸収させます。 その際、生地の裏側に乾いたタオルなどを当てるとより効果的です。 この時は決してこすらないこと。 ゴシゴシこすったりすると、シミが繊維の奥まで染み込んだり、風合いが損なわれる恐れがあります。 口紅やペンキなど濃い色のシミ、また広範囲に渡ったシミなどは、そのまま触らずに、共和までご相談ください。 専門の職人が元の状態に戻すべく、最善を尽くします。

 
 


(C)Re kyowa

トップに戻る